咬み合せ治療・咬合精密診断

咬み合せは歯科治療において最も重要なことです

咬み合せ

お口は呼吸する、喋る、食べる、飲むというように様々な用途でとても複雑な動きをしますが、そのすべての動きのベースとなっているのが咬み合せです。単に歯と歯の接触という意味ではなく、顎の関節の動きが適切に働いているかというのが咬み合せを判断する重要なことになります。

歯はアゴの骨の上に存在しておりますから、歯科治療においてこのアゴの動きを最適化させる治療である咬み合せ治療は歯科治療において最も重要なファクターであると言っても過言ではありません。

こんな症状はありませんか? ~咬み合せ不整・顎関節症の症状~

  • アゴがパキパキと音が鳴る
  • 口を大きく開けるとアゴの関節が痛い
  • 歯ぎしり・食いしばりをする
  • 口が開かない
  • 歯が割れたことがある
  • 歯がすり減っている

つめ物が割れる、入れ歯が合わないのは咬み合せのせいかも!?

悪いかみ合わせ

顎関節に不整があった場合、顔がゆがんできたり、顎の音がなったり、つめ物がすぐ割れたり、作りなおしたばかりの入れ歯がすぐ合わなくなったり、不定愁訴(肩こりや腰痛、頭痛などの病気ではないが不快な自覚症状のみある状態のこと)が発生するケースがあります。

傾いた土地の上に上質な家を建てても・・・

歪んだアゴ建築で例えてみます。

つめ物や、入れ歯を家とし、土地を顎の骨とします。歪んだ土地の上にどんなに高級な家を建てても欠陥住宅となり、ちょっとしたことで壁にヒビが入ったり傾いたり、倒壊の可能性もあります。

歯も同じです。歪んだり咬合力が分散せず一部のみに過度な圧力がかかっていると歯や歯ぐきは甚大なダメージを受け続けます。まず顎の動きの最適化(土地の整備)を行ったうえで補綴治療(家を建てる)を行うということが大事です。

咬み合せと不定愁訴(肩こり、腰痛etc…)の関係

咬み合せと肩こり昨今の研究で咬み合せと不定愁訴(肩こり腰痛、頭痛など)に密接な関係があることがわかってきました。咬合不正により不定愁訴が起こる、咬合治療によって不定愁訴が改善するといったケースです。

しかし噛み合わせと全身の問題は学問としては未だ確固たる科学的な裏づけがないのが現状であり、多くの研究者臨床家によって現在盛んに研究されている分野です。

よって、歯の高さの左右差をしく無くし、バランスをよくして食事をしやすくするいった、本来の歯の治療の副産物として、全身の不定愁訴も改善することもあるといった程度にお考え下さい。

咬み合せの治療法

咬み合せの治療法

咬み合せの治療は、最終的には被せ物治療もしくは矯正治療となります。装着すると最適な咬み合せになるように設計されたスプリントと呼ばれるマウスピースを着けて生活していただき、日常生活に違和感の無い顎の位置を決め、その位置で被せ物を作ったり矯正治療を行ったりします。治療の流れ(※大まかな治療の流れであり、症状によって多少その流れが違う事もあります)は以下の通りです。

※精密診断、かみ合わせ治療に痛みはまったくありませんので、ご安心ください。

  • ①まずは精密診断

    咬合精密診断まずは虫歯・歯周病の検査をはじめ、顎関節や歯の咬み合せ状態をさまざまな機械を使って咬合精密診断します。この時にお口の写真はもちろん姿勢やお顔の術前写真も撮影します(頚椎とかみ合わせの関係を見るため)。

  • ②スプリント作成・装着

    スプリント精密診断より得られたデータを元に、スプリントを作成し装着して生活していただきます。違和感があればスプリントを調整、再度装着して生活、といったことを繰り返し、かみ合わせの最適化を図ります。

  • ③補綴or矯正治療で改善

    補綴or矯正治療適切で違和感のないスプリントが完成したら、スプリントをはめていなくてもそのかみ合わせとなるように、つめ物やかぶせ物、矯正治療の中から最適な治療を選びかみ合わせへと調整して改善を目指します。

オペラデンタルオフィスが行なった咬み合せ治療の症例

当院が実際に行なった咬み合せ治療の症例をご紹介しますので、クリックしてご覧ください。今後も追加掲載して参ります。

咬み合せのスペシャリストによる咬み合せの精密診断

かみ合わせ専門医

当院の院長は日本顎咬合学会の認定医資格および、補綴(ほてつ:見た目やかみ合わせを被せ物や入れ歯など人工の歯で補う治療法)のスペシャリストである日本補綴歯科学会の専門医資格を有しております。一般歯科医に比べ、咬み合せ治療経験、技術が豊富であるとはいえますが、さらに最新機器を活用したミリ単位での精密診断を行なっております。

  • CADIAX4

    CADIAX4キャディアックス4は、口を開閉したときの顎の関節の位置を測定し、開閉の軌道が前後左右にどれくらい変位しているかを3次元的に確認できる精密機械です。アゴの動きがズレている場合、すぐに、どれくらい、どのような動きでズレているのかわかります。CADIAX4は2016年3月現在、静岡県で3軒程の歯科医院でしか導入されていない最新機器です。

  • サジタリウスによる顎関節X線撮影

    サジタリウスサジタリウスは、顎関節のX線規格撮影を可能にした装置です。顎関節症を調べる時にレントゲンを撮影しますが、複数レントゲンを撮影する場合に全く同じ状態(規格)ですべてのレントゲン撮影を行うことはほぼ不可能です。しかし、サジタリウスがあれば、時間による変化を同一規格で撮影することができるので、より正確に顎関節の変化を調べることができます。

  • セファロレントゲン

    セファロレントゲンセファロレントゲンは、通常のレントゲンでは不可能なセファログラム((頭部X線規格写真)撮影ができます。アゴだけでなく、顔面、頭部の撮影を撮影して分析・診断をすることができます。

  • 咬合器

    咬合器患者さんの歯並びを模型で再現して、それを3次元的に動かすことで視覚的にアゴの動きを把握できます。歯並びの前後左右の差や、頭蓋骨のズレからくる上顎の歯並びのズレが把握できます。

咬み合せ治療成功のカギは、精密診断

人間の顎はミクロ単位まで認識できる超精密器官ですので、顎の位置決めを、あやふやな感覚だけに頼るのではなく、いかに正確に精密に決められるかということが重要になります。ですから正確な咬み合せ治療には、精密な咬み合せ診断が必須条件といえるでしょう。

咬合診断

浜松市で咬み合せ治療を受診希望の方は、お気軽にご相談下さい

浜松市で咬み合せ治療

このようにオペラデンタルオフィスでは静岡県でも数少ない、咬み合せの精密診断および、補綴専門医&咬み合せ認定医による咬み合せ治療が受診できます。そのため、浜松市のみならず静岡県全域より口コミやインターネット経由で多くの患者様に来院頂いております。

咬み合わせ治療は非常に難易度の高い分野ですべてが完治へ向かうわけではありませんが、今現在よりは良くなるよう考えますので、ご相談ください。

1日1組限定 咬み合せ専門ドクターによる無料咬み合せ相談

無料咬み合せ相談オペラデンタルオフィスでは1日1組様限定でドクターによる無料相談を承っております。大変混み合っておりますので、ご予約はお早めにお願いします。

※画像クリックで予約フォームへリンクします。