無痛治療

痛みを抑えた治療が可能です。歯医者さんを嫌いな方へ

無痛治療

歯医者さんを嫌っている方にお知らせです。歯医者さんを嫌うわけは、「痛み」、「恐怖感」、これらどちらか一方ではないでしょうか。オペラデンタルオフィスでは歯医者を嫌っている方に「無痛治療」をすすめています。痛みを気にしている方に評判です。こちらでは「なぜ痛みがないのか?」を説明します。

オペラデンタルオフィス式 無痛歯科4つのポイント

無痛治療

オペラデンタルオフィスでは歯科治療に伴う痛みを、4つの観点に基づいて無痛対策を行っています。痛みが全くない治療は困難ですが、治療を行う前、治療の際中、治療が終わった後に、できる限り痛みを抑える方法を紹介します。

  • ①表面麻酔

    表面麻酔歯科治療で怖いのは注射です。針を使いますので当然痛みがあります。しかし心配する必要はありません。オペラデンタルオフィスでは歯の表面に麻酔を塗ります。表面麻痺を行いますので痛みを感じないのです。

  • ②極小の注射針(33G)

    極小の注射針(33G)表面麻酔をした場所に注射を打ちます。歯肉表面がマヒしているとはいえ、さすがに針が太いと痛みを伴います。そのため現在当院では歯科麻酔針の中においても、極小の注射針を用いています。

  • ③電動麻酔

    電動麻酔麻酔液を注入する際、麻酔液の量が増えるとその圧力で痛みが出ることもあります。普通は手動で麻酔液を注入しますが、多量の液が入る場合があります。そのため当院では電動麻酔器を使用しています。これにより痛みも和らぎます。

  • ④麻酔液を人肌まで温める

    麻酔液を人肌まで温める麻酔液は普段は冷蔵保存されておりますが、冷たい状態のまま歯ぐきの中へ注入するとその温度差から痛みを感じる場合があります。当院では専用のウォーマーを使用し、使用前に人肌まで麻酔液を温めることで注入時の痛みを緩和しております。

痛くない歯医者さんを探している方は遠慮なくご相談ください

痛くない歯医者

オペラデンタルオフィスでは、痛みを和らげる無痛治療を実施しています。「もう少し早く来れば良よかった」など、多くの人たちから喜ばれています。どうぞお気軽にご連絡ください。

また、歯医者さんが嫌いで、怖くて、なかなか歯科医院への一歩を踏み出せない方は、早期発見、早期治療にかなう無痛治療はありませんので、一刻も早くご連絡くださいね。きっと「え!?こんなに痛くなかったの!?」と満足いただけると思います。スタッフ一同、心よりお待ちしております。