安心の滅菌処理

院内での感染防止体制及び院内衛生管理体制について

院内感染防止体制

歯を削る際に使うタービンを滅菌することなく、多くの患者さんに対して使い回しした歯科医が報道されたことがありました。そのため歯科医院の感染防止対策、衛生管理体制に対して不安を抱く患者さんも少なくありません。しかし当院では厚生労働省認可の滅菌処理に基づき、院内感染防止策を行っていますのでご安心ください。ここではその一部を紹介します。

  • 滅菌器を用いた洗浄、滅菌

    滅菌器患者さんのお口に直接入れるもの、さらに高温、高圧状態でも耐えることができるすべての器具について、手で洗った後に、オートクレーブと呼ばれる滅菌器を使用して滅菌処理をしています。

  • ドリル滅菌について

    ドリル滅菌歯を削る時に用いる全てのドリルを取り外し、タービン専用である滅菌器を使って高温、高圧状態で滅菌します。もちろん患者さんごとに新しいものに取り替えていいます。

  • 用品の使い捨てを推進

    使い捨て品手袋、前掛など、滅菌器では使えない用品の中で、感染原因と思われる全ての物は使い捨て用品を使用しています。これにより、接触での感染防止を徹底しています。

  • 院内における衛生管理

    清潔な院内診療の前、後には、スタッフ全員による清掃を徹底しています。椅子、デスクなどは全てアルコール消毒をしており、院内を常に清潔な状態にして皆さまをお待ちしております。

浜松市で衛生管理が徹底された歯医者さんをお探しの方へ

衛生管理

歯科医院に対する滅菌管理に不安を抱く人も多いと思います。浜松市で衛生管理が徹底された歯医者さんをご希望は、ぜひ一度オペラデンタルオフィスにご相談ください。当院では衛生的器具を使用しており、さらに接触感染防止対策にも力を入れています。そのため患者さんの治療にも安心して専念できると思います。スタッフ一堂、皆様のお越しを心よりお待ちしています。