矯正歯科・小学生の矯正治療

小臼歯を抜かない『非抜歯矯正』をオススメしています

歯科矯正

当院では矯正治療を行う時、できる限り小臼歯抜歯をしない非抜歯矯正をおすすめしています。抜歯矯正は最後の方法で考えます。矯正治療で歯を抜く時は、小臼歯(4番目の歯)を抜くことが多いですが、小臼歯は咬み合わせにとても重要な歯の1つで、小臼歯を失うと理想的な噛み合わせとなる『シーケンシャル咬合』を実現できなくなります。当院では咬み合わせに徹底にこだわり、非抜歯矯正治療を行なっています

シーケンシャル咬合に主眼を置いた歯科矯正

シーケンシャル咬合というのは、小臼歯を中心に順次離開する、理想の噛み合わせです。小臼歯が起点となるため、小臼歯をを抜くとその時点から、このシーケンシャルは実現不可能になりますので、できるだけ抜歯をしない方法を提供するようにしております。

※他の歯医者さんで抜歯の必要性を説明された方も、別の方法が見つかるかもしれませんので一度セカンドオピニオンを検討ください

歯列矯正

※ただし、親知らずは抜歯しますのでご了承ください。

GEAW・MEAWによる非抜歯矯正法(子どもも大人も可)

歯を抜かない小児矯正当院では非抜歯矯正法として、GEAWとMEAW(Multiloop Edgewise Arch Wire)を採用しています。

GEAW矯正・MEAW矯正は、歯の傾きや凹凸に合わせてワイヤーを加工し、同時に1歯1歯を個別に動かす矯正法です。ブラケットとブラケットの間のワイヤーにループを作ることで、歯に対して3次元的(多方向)に同時に力をかけることが可能です。

歯を前後に動かすだけでなく、倒れている歯を起こしたり、引き上げることもできるので咬み合わせの改善も期待できます。

GEAW・MEAWは短期間で矯正できる

歯を抜かない子どもの歯列矯正一般的な歯列矯正は、1つの歯を動かしたあとに、別の歯を動かす、これを順番に繰り返して全体の歯列を矯正していきます。

しかし、GEAW・MEAWは、1歯1歯に対して個別に多方向への力をかけることができるので、治療期間が短いのが特長です。

一般的な矯正治療の平均治療期間が2年半~3年であるのに対し、GEAW・MEAW矯正は、平均で1年3ヶ月、長くても2年程で終わります。矯正装置をつける期間が短いというのは患者さんにとって非常に有益なことです。

※ただし、まれに長期の治療期間がかかる場合があります。症状によって違いますので、詳しくは無料相談の際にお話しさせていただきます。

子どもの矯正は歯並びをキレイにするのが目的ではありません

小児矯正

「矯正治療=歯並びをキレイにする」というイメージが強いと思いますが、子どもの矯正治療(小児矯正)においてはそれだけではありません。小児矯正の目的は歯並びを整えるとともに「顎骨の適正成長を促すこと」を主眼において取り組みます。

歯並びが悪くなるのは、アゴ骨の成長が不十分で、歯が収まるスペースが足りないことが原因で起こります。つまり、アゴの骨の成長が正常に行なわれ、スペースも十分で、位置も正しく導くことができれば自然と歯並びはキレイに生えそろいます。よって、骨が成長中である小児の際に行う矯正治療は、アゴ骨の成長を適正に促すことが目的となります。これを咬合誘導と呼びます。
  • 代表的な小児矯正装置① オーバーレイ

    オーバーレイ咬み合わせの高さが低すぎることで、顎骨の正常発育が妨げられている場合に最適な矯正法で、奥歯にプラスチックや銀歯のかぶせ物を装着することで、咬み合わせの高さをつくり、下顎の位置を整えます。

  • 代表的な小児矯正装置② ワイヤー矯正

    ortho09オーバーレイによって咬み合せの高さと、下アゴの位置を整えた上で、ワイヤーを取り付けて歯並びを調整していきます。ワイヤー矯正とオーバーレイの組み合わせ治療によって歯並び、下顎の位置を調整します。

子供の矯正治療はいつから始めるといいの?

子供の矯正治療の開始時期子供の矯正治療は、小学校3~4年生がベストです。

一般の方・保護者の方は前歯の並びを見て、治療すべきかどうかを考えます。しかし歯科医師は、奥歯の咬み合わせを診て、治療すべきかどうかを考えます。

受け口・左右方向へのずれ・上下の真ん中がそろっていない などは一般の方・保護者の方でもわかります。しかし、下顎の後退は小学校の間は目立ちません。そして悪いことに、下顎の後退というかみ合わせは、顎関節症・猫背・肩こり・片頭痛を起こしやすくします。

子供の矯正治療の開始時期小学校3~4年生から行う矯正治療(早期治療)は歯並びを整えると同時に、顎を正しい位置に位置づけ、正しい方向に成長を導いていくという大きな意味があります。

永久歯の矯正治療では顎の位置や成長方向を改善するのはかなり難しいです。小学校5~6年生になると乳臼歯(乳歯の臼歯)が生え変わりで無くなっていき、早期治療ができなくなってきます。

早期治療の利点はそのほかにも、永久歯になってから始める矯正治療よりも金額が安いということもあります。

オペラデンタルオフィスが行なった矯正治療の症例

当院が実際に行なった矯正治療の症例をご紹介しますので、クリックしてご覧ください。今後も追加掲載して参ります。

歯科矯正が必要な歯並び、噛み合わせについて

歯の矯正が必要な歯並び

一般的に、どのような歯並びでもきれいにし、咬合ができるまで回復できます。以下では歯列矯正における代表的な不正咬合の種類を紹介します。

  • 出っ歯(上顎前突)

    上顎前突出っ歯は日本人に最も多い症状の歯列と言われています。歯科矯正を行う時は、舌が収まるよう舌の位置も考慮して矯正することで、いびきなどを回避できる場合があります。

  • 前歯が開いた状態(開咬)

    開咬奥歯で食物を噛んだ際、前歯が噛み合わず、隙間ができる状態の歯列です。普段、口が開いた状態になり、乾燥し、口臭や歯周病を発症したりすることもあります。

  • 受け口(下顎前突)

    受け口上顎の前歯より下顎の前歯が前に出た状態です。下顎が出てしまうケースです。奥歯に負荷がかかりやすい歯列で、また、サ行などの発音がしづらくなります。

  • デコボコの歯並び(叢生)

    叢生歯並びがデコボコの状態です。これには八重歯も該当します。この症状は、磨き残しが多くなったり、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

  • すきっ歯(空隙歯列)

    空隙歯列成人のすきっ歯は矯正治療の対象となりますが、乳歯列期のすきっ歯であれば異常ではありません。最も矯正しやすいケースと言えます。

  • 噛合わせが深い(過蓋咬合)

    過蓋咬合上顎の前歯で下部の前歯が隠れるくらい、咬み合わせが深い症状です。歯が削れたり、顎関節症になりやすく顎に痛みを生じるケースが多いです。

浜松市で矯正歯科をお探しの方はぜひ一度ご連絡ください

歯科矯正無料相談

オペラデンタルオフィスでは、「徹底的に咬み合わせを考慮した矯正治療」を提供しております。歯並びにおいて見た目は重要な要素であることに異論はありませんが、見た目重視のために安易に小臼歯を抜いて咬み合わせが疎かになる歯科矯正は絶対にあってはならないと考えます。

顎関節や歯に余計な負荷を与えず、しっかり噛め、かつ、見た目も整った歯列の形成を目指したオペラデンタルの矯正治療をぜひ皆さまにも知っていただければと存じます。

1日1組限定 咬み合わせ専門ドクターによる歯科矯正無料相談

無料咬み合せ相談オペラデンタルオフィスでは1日1組様限定で咬み合わせ専門の歯科医による矯正歯科無料相談を承っております。大変混み合っておりますので、ご予約はお早めにお願いします。

※画像クリックで予約フォームへリンクします。