噛み合わせを考えた入れ歯の症例

投稿日:2016年10月27日

カテゴリ:入れ歯の症例

入れ歯が合わなくて痛いということで来院されました。

入れ歯術前

痛くてかめないということで来院されました。

入れ歯入れ歯の写真です。
この状態では何故かめないのかはわかりません。
なぜならば、口の中、頭蓋骨の中で入れ歯がどのような位置にあるかがわからないからです。

入れ歯咬合器という噛み合わせを分析する器械に装着した所です。
咬合器という器械は頭蓋骨内における歯の位置や、顎の筋肉にとっての咬みたい位置をしらべるのに役立ちます。

分析の結果、後ろへ歯ならびが傾いていることがわかりました。
かみこむ力はこの写真における垂直方向にかかります。
そのため、このかみ合わせでかみこむと、上の前歯にばかり力がかかってしまい、痛みだけでなく、入れ歯が後ろから外れてきてしまうことが考えられました。

注)自前の歯であるにもかかわらず、生まれつき後ろ下がりの方もたくさんおります。
ただし、そういう方はいったん入れ歯になった時、入れ歯製作が難しい場合が多いです。
この方もそのようなケースと思われます。

入れ歯前から見た所です。
前後の傾きのほかに、左右差もありました。
おそらく咬むたびに向かって左に顎が捻り込まれるであろうことが考えられました。

注)自前の歯でも左右差が極端にある人も大勢います。
臨床症状が無ければあえて左右差をなくす必要は無いと思います。
何事もやりすぎは良くないと思っております。
必要を術者(歯科医師)が感じ、患者様の同意を受けた時だけ、噛み合わせを考えます。

入れ歯左側から見たところです。赤線が理想的な歯の位置です。

入れ歯右側から見たところです。金属の台の平面が基準平面と平行となっております。

入れ歯前から見たところです。

歯科医師から一言

噛み合わせの学問は通常、大学では勉強するのですが、現実問題として現在の保険制度の下で、それを臨床に応用するのは非常に難しい状況になってしまっています。
さらに、保険適用外の入れ歯・かぶせもの・インプラント等々、目に見えるハードに関しては理解が広まっているのですが、噛み合わせといった設計にかかわるソフトの部分に関しては、まだ解明されていない部分も多く、一般的に広まっていないのが現状です。
以上の事を説明し、作り直しをおすすめいたしました。

入れ歯術後

新しく作った入れ歯です。金属の台が基準平面です。基準の平面に歯がきれいに並んでいます。

入れ歯上下の入れ歯をかみ合わせたところです。

入れ歯新しい入れ歯を装着した所です。
下でbeforeとafterとを比較します。

術前・術後の写真です。

  • 入れ歯術前

  • 入れ歯術後

術前後の比較(2)

術前の口もとは顔の下半分が短く、口もとにしわがよっておりました。
後ろ下がりのかみ合せの入れ歯の場合、下あごを突き出し、前歯で物を噛もうとするようになることもあります。術後の口もとでは、歯を見せて若々しく笑うことができるようになりました。また、奥歯で物を噛み潰すことができるようになりました。

  • 入れ歯術前

  • 入れ歯術後

術前後の比較(3)

左が術前、右が術後1ヶ月です背筋が伸び、右への体の傾きが少し変化したように見えます。

注)噛み合わせと姿勢・全身の不定愁訴との関係は未だ結論は出ていません。よって、体の不調歯を改善するための治療は行っておりません。
歯の治療の副産物として体の不定愁訴がよくなる人もいる、という程度にお考え下さい。

  • 入れ歯術前

  • 入れ歯術後

■ 他の記事を読む■