膿み袋が大きすぎて普通は抜歯する歯を残した症例№2

投稿日:2016年10月28日

カテゴリ:歯を抜かない症例

重度虫歯によって神経をとった歯(抜髄歯)には、神経の代わりに薬を詰めます。
しかし、所詮薬は薬であって自前のものではないので化膿することがあります。
下の症例は化膿が強すぎて通常の治療では保存不可能となってしまった歯の、治療を紹介したものです。
いったん歯を抜き、膿み袋を徹底的にかき出し、清潔になった歯ぐきへ歯を戻し、歯を残すと言うものです。

入れ歯膿が骨をとかし、肉を突き破り、出てきています。

入れ歯いったん抜いた歯です。

黒く写った部分が膿み袋です。
術前・術後の写真を見比べてみて下さい。
病気の原因である、歯の根の先を少し削り取りましたので、歯が短くなっています。

  • 膿み袋術前

  • 膿み袋術後

膿み袋何とか残すことができました。この症例は膿み袋が大きく、歯が短いので、どの程度の期間、歯を残せるかは、残念ながらわかりません。
しかし、今ここで抜いてしまうよりも、1年でも2年でも永く残せるならば、それはそれでいいのではないでしょうか。