どうしても残すことができず、 抜歯した場所に親知らずを移植した症例

投稿日:2016年10月28日

カテゴリ:歯を抜かない症例

親知らず移植後ろから3番目の歯が虫歯により保存不可能な状態になっていました。
一般的にはその前後の歯を削って、かぶせものによってつなげる「ブリッジ」と言う方法にします。
しかし、健康な歯を削るのに忍びなく、保存不能の歯を抜いて(黒い矢印)一番後ろの親知らず(緑の矢印)をそこ(赤い矢印)に移動することを提案し、同意を受けました。

親知らず移植移植1ヵ月半後の状態です。

親知らず移植かぶせものが入った状態です。親知らずはなくなっています。後ろから2番目の歯が親知らずだからです。