無い歯の本数が1本なら、インプラントはいかがでしょうか?

投稿日:2016年10月28日

カテゴリ:インプラントの症例

友人、家族、お客様に不快な思いをさせてませんか?
初診時です。口臭がひどい、歯みがきすると血が出る、膿も出る、朝起きたとき口の中がねばねばする、というのが主訴でした。

初診時

インプラント60代男性。
左下の歯がグラグラして咬めないという事で来院されました。
矢印で示す歯は親知らず(左下8番)です。
左下の奥歯が2本(左下6番、左下7番)ありません。

通常の治療の場合、左下4番・5番・8番を被せ物でつなげる「ブリッジ」という治療になります。
しかし、8番は化膿が強すぎて、残すことができません。すると入れ歯となってしまいます。
そこで、インプラントということになりました。

ブリッジとは

ブリッジブリッジに関する説明をします。
ブリッジは、無い歯の前後の歯を削り、歯の形をした金属で、歯と歯をつなげると言う治療方法です。
歯に接着し固定するので、自分の歯と同じようにかめます。
欠点は以下の通りです。

インプラント1.虫歯ではない歯を削らなければならない

2.無い歯にかかるべき負担を、
  残っている歯が受けなければならないため、
  残っている歯が負担過重になりやすい

3.3本以上連続して歯がない場合、
  負担過重によってすぐに壊れるので、
  基本的にやるべきではない

初診時X線

インプラントインプラントをあごの骨に打ち込むためのガイドを作りました。

インプラントは隣の歯を傷つけず、あごに金属の土台を打ち込み、その上に被せ物をかぶせるという治療方法です。
1~2本ならば体への侵襲が少ない治療といえると思います。

インプラントのためのガイド-1

インプラント口の中で器具を操作しやすくするために半分削ります。
緑の線に沿って、器具を骨に挿入します。

本症例の場合、3本ですので、ステントの料金は\10,000(税別)です。その他、CT撮影代・画像分析代に約\30,000(税別)かかります。

術前

インプラント左下6番・7番の2本を植立するのが理想でしたが、費用対効果を考慮し、6番1本だけを植立することになりました。

6番という歯は「6歳臼歯」とか「第1大臼歯」と呼ばれる歯で、この歯が1本無くなると、かむ力が30%から40%ダウンするという非常に大切な歯牙なのです。

術中

インプラント一番細い器具を骨に入れてレントゲン写真を撮りました。
咬む力が加わる平面に対して垂直に、器具が入っているのがお分かり頂けるでしょうか。

一次手術終了

インプラントインプラントの埋入が終わりました。

一次手術終了

インプラント傷口を縫いつけたところです。
当医院でのインプラントは2回法と呼ばれる方式のものです。
これは一次手術では粘膜に完全に覆われるようにして感染を防ぎ、約3ヵ月後に頭の部分を露出させて被せ物を装着するという方式です。2回手術をしなければならないという欠点はありますが、確実な方法であるため、多くのインプラントで採用されております。

一次手術の費用は\18,000(税別)でした。

内訳は以下の通りです。
インプラント:@\180,000×1本=\180,000(税別)
被せ物の費用は3ヵ月後に発生します。

二次手術終了

インプラント埋め込んだインプラントを露出させる手術です。
インプラントが骨と結合する、3~4ヵ月後に行います。
この時、インプラントの周りに硬い歯茎を作る手術を行います。

二次手術の費用は\30,000(税別)でした。

完成

インプラント完成した所です。今回の場合、いざという時にすぐにはずせる様、ネジでとめる方式としました。
咬み合う面にネジ穴があるため、白い物で蓋をしています。食事には一切不都合はありません。

被せ物の費用は¥80,000でした。

完成

インプラント横から見たところです。

総費用の内訳は以下の通りでした。

サージカルガイド:¥10,000
CT撮影:¥7,000
画像分析:¥20,000
一次手術:¥180,000
二次手術:¥30,000
被せ物:¥80,000
総計:¥327,000(税別)

患者様からの声

健康保険では、無い歯の前後を削って被せ物でつなげるブリッジしか認められていません。
しかし、この方法は健康な歯まで削って被せ物にせざるを得ないという大きな欠点があります。
無い歯の本数が1本・2本といった少数ならば、インプラントの方が、長い目で見た時、
もち(耐久性)がいいのではないかと思います。