前歯が折れた・・・原因は奥歯にあった №2

投稿日:2016年10月28日

カテゴリ:咬み合せの症例

前歯がとれてしまいました

咬み合せ治療60代の女性の方です。
連結された前歯6本がとれてしまったため、来院されました。
以前にも何度かはずれているとのことでした。

根もとがわれていました

咬み合せ治療被せ物をはずしてみると歯ぐきの中に残っている自前の歯の部分は折れていたり、虫歯になっていました。
ただ単に前歯を作り直すだけでは、また、すぐに壊れてしまうのではないかと考えました。

側方面観

咬み合せ治療前歯と奥歯の間に大きな隙間ができてきています。
昔は隙間は無かったそうです。
前歯が前方に移動してきたとのことでした。

レントゲン

咬み合せ治療レントゲンを見ると、歯が波うって並んでいるのがわかります。

模型分析

咬み合せ治療レントゲンにおける波うった歯並びを見て、前歯のトラブルは奥歯に原因があるのではないかという疑念がより深まってきました。
そこでかみ合せの分析をすることにしました。

右側面観

咬み合せ治療下の一番奥にある歯が上の歯に引っかかっているのが見てとれます。

あごの動きをシミュレートする

咬み合せ治療あごの動きをシミュレートした所です。
下の奥歯が引っかかって、あごが大きく動いているのが見てとれます。

正面観

咬み合せ治療あごは何とか上と下の前歯を当てようとするため、不自然な動きをとらざるを得ません。
この方の場合は左斜め前の歯しか当てることができませんでした。
本人も全くその通りと納得してくださいました。

この不自然な動きによって過大な力が前歯にかかり、前歯が取れたり壊れたりしていたのです。

前歯が取れたのは結果にすぎません。
本当の原因は奥歯にあったのです。

目の前の出来事にだけ対処するのは戦術にすぎません。
原因を突き止め、最終的によい状態にするには戦略が必要です。

右側面観

咬み合せ治療奥歯が波打っているために、異常なあごの動きになることがわかりました。
波打った下の歯をきれいな歯並びにするためには、かみ合っている上の歯をきれいにしなくてはなりません。
分析の結果、赤線の引かれた高さが、理想的な歯の長さということがわかりました。
前歯は前方に開いた分だけ、基準線より短くなっているのがわかります。

左側面観

咬み合せ治療左下には歯がないため、入れ歯かインプラントにせざるを得ません。
しかし上の歯が長いため、それらが入るスペースが全くありません。
右の歯と同様、左の歯も短くしなければなりません。

対角線の法則

咬み合せ治療左前の歯にトラブルが出たときは、たいてい右の奥歯に原因があります。
逆に右前の場合は左奥です。
このように対角線で症状が現れることが多いのです。
前歯にトラブルがよく起こっていたのは前歯の治療が原因ではなかったのです。
おくのはならびに問題があったのです。

保険を使わない高額な治療でも左右差・前後差を考えなければ、悪い機能をそのままに材料だけ置き換えていることになると思うのです。
参考症例
オペラデンタルでは材料よりもまず、設計を大切に考えております。

もちろん自費診療(保険外診療)をよい設計で行えば、
よりよい結果になります。

歯科医師から一言

こちらの患者様は大変よく御理解くださいまして、奥歯の治療に同意していただきました。

しかし、なかなか御理解をいただけず、「どうしても前歯だけ」と要求される場合もあります。
すると、残念ながらやはり短期間でトラブルが発生します。

私見ですが、どうも我々日本人は、目の前の見えている事態を切り抜ける、その場その場の戦術には、たけているようです。
しかし、未来の最終的な勝利のために、原因を究明し、計画を立て、一見関係の無さそうな作業を行い、外堀を埋めていく、という戦略的発想には乏しいようです。

奥歯を治すのは前歯をきれいにするための戦略と御理解いただければありがたく思います。

入れ歯も同様です。
入れ歯が悪いのではなく、入れ歯にかみこむ歯に原因がある場合が多いため、入れ歯ではなく残っている歯を治療することが多々あることを御理解下さい。