1週間で歯周病(歯槽膿漏)ここまで良くなる!

投稿日:2016年10月28日

カテゴリ:歯周治療の症例

7日で口臭・排膿・出血がなくなった方の記録。顕微鏡を用いた歯周病の治療。

歯がグラグラしていたい

歯周病「歯がグラグラしていたい、何もしなくても血が出る、抜いてください。」
ということで来院されました。

術前の細菌検査

歯周病歯周病は細菌による感染症です。
オペラデンタルでは顕微鏡によって細菌を確認した上でお薬を処方します。
細菌を確認しないで、症状だけでお薬を処方してしまうと耐性菌を作り出してしまうかもしれないからです。

あまりにも細菌の数が多すぎて、本来動き回っているはずの菌が、動けません。満員電車の状態です。

しかし、歯周病に関連する菌・T-dennticla(参考1 参考2 参考3)の存在は完全に確認されました。
よって、歯周病治療における細菌除去療法(症例1 症例2)を行うことにいたしました。

1週間後

歯周病1週間後の状態です。
血も膿もそして臭いもありません。
そればかりでなく、つまめば抜けそうだった歯が、動きはするものの抜かなくてもよさそうな状態になりました。
患者様の希望により、今は抜かないで様子を見ることといたしました。

難しい歯みがきの指導も、痛い治療も全く行っておりません。

1週間後の細菌検査

歯周病1週間後の細菌の顕微鏡写真です。
明らかに初診時とは細菌の状態が違います。
非常に穏やかな状態に見えます。

そのほかの部位:左下

義歯が入っているのがおわかりになるでしょうか。

  • 歯周病初診時

  • 歯周病1週間後

そのほかの部位:前歯

前歯の状態です。
術前の歯ぐきからの出血・排膿はなくなり、歯ぐきがひきしまってきたため、歯と歯の間に隙間ができてきました。
隙間ができたのは悪くなったからではありません。
本来この状態が正しいのに、膿んで腫れていたため、隙間が埋まっていただけなのです。

  • 歯周病初診時

  • 歯周病1週間後

患者様からの声

3日で血が全く出なくなりました。
それと同時に、つまんで抜けそうなくらい動いていた歯が、「ひょっとしたらかめるのでは」と思えるくらい、動かなくなりました。
本当に驚いております。

歯科医師から一言

痛みもなく、早く膿が止まるすばらしい治療方法なのですが、
これだけで治るわけではありません。 治療の基本は歯みがきと歯石取りです。
一生懸命、歯みがきと歯石取りをやっているのに膿が止まらないと言う人に効果があります。

そして、歯茎は固く引き締まりますが、失われた骨ができるわけではありません。また、歯茎が引き締まるので歯と歯の間の隙間は大きくなります。それはけっして悪いことではありません。化膿して腫れ上がっていた歯茎が本来の姿になっただけなのです。

失われた骨ができるわけではないので、どうしてもぐらつきが止まらなさそうな歯は早く抜くべきだと思います。
残していると隣の歯の支えている骨まで溶かしてしまうからです。
残すだけが歯周病の治療ではありません。
具体的には次のような歯は抜くべきだと思います。

1.歯を支える骨の量が本来の量の1/3以下になった場合。
2.歯を上から押さえると沈み込むような場合。
3.歯が倒れかけのコマの様にふらふらする場合。
4.歯の股の部分(根分岐部)に骨がない場合。
5.極度に大きな虫歯がある場合。
6.極度に位置が動いて変わってしまった場合。

以上の場合、抜歯しないと治療が進まない場合もあります。
歯がグラグラしていると言うのは残念ながら大抵、末期の状態です。
「歯はグラグラしないが、歯みがきすると血が出る」と言う状態の頃に治療をはじめるのがベストです。

歯を何とか残して欲しいという気持ちはよく分かります。
しかし、残すと健康な歯まで悪くする可能性や、いつまでたっても被せ物や入れ歯、インプラントができず、「咬む」という機能回復ができなくなってしまうと言う可能性もあるのです。

テレビでは抜くことを勧める歯医者は悪い歯医者のように言っているようですが、物事には限度があると言うことを御理解下さい。