みがいているのに膿が出る

投稿日:2016年10月28日

カテゴリ:歯周治療の症例

歯周病(歯槽膿漏 しそうのうろう)とその治療

歯周病(歯槽膿漏 しそうのうろう)の菌

歯周病結核には結核菌、コレラにはコレラ菌があります。
ところが歯周病は未だ歯周病菌というものが見つかっていないのです。ただし、歯周炎のほとんどの症例に関与している菌は3種類あるということでは専門家の意見は一致しています。数種の菌が複合して病気を起こしているのではないかという意見もあります。

その3種の菌ではありませんがTreponema denticola(トレポネーマ デンティコラ)という菌は歯周病のウミの中に100%存在するためオペラデンタルオフィスではこの菌の多寡をもって治療の指標としています。

失った歯ぐきの土手はとりもどせません。除菌によって炎症(ウミ・出血・痛み・腫れ)の無い歯ぐきをつくりだすことが大切となってきます。
オペラデンタルでは左の写真のように、まず、細菌が存在しているか否かを顕微鏡で確認してから治療に入ります。
実際には写真の細長い菌は激しくうごめいています。

術前

歯周病口の中がネバネバ、ぬるぬるする。義母から口臭を指摘される。とのことでした。
従来の治療は、器具を用いての徹底的清掃でした。これは非常に大切なことです。オペラデンタルでももちろん行います。しかしクスリで細菌群を退治しておけば、患者様に苦痛を与えずに治療ができるのではないでしょうか。
オペラデンタルオフィスは、この考え方に賛同し除菌療法をおこなっている数少ない医院の1つです。

1週間後

歯周病クスリを処方し1週間後の歯ぐきです。歯と歯の間の歯ぐきがひきしまってきています。
においもウミも無く、つばもサラサラになっております。
本当に素晴らしい方法なのですが、健康保険の制度の関係上、本治療を行うと歯周病の治療に保険が適用できなくなってしまします。
そのため医師とメリット・デメリットについて相談することになります。
しかし本当に素晴らしい方法ですので一度だけでも相談なさることをお勧めいたします。相談でしたら、レントゲン代と検査代で4,000円弱(3割負担)くらいだと思います。

患者様からの声

毎食後、必ず歯を磨くのに決してすっきりしない。その上出血もするし、爽やかな気分になれない。こんな思いを加齢とともに強く感じオペラデンタルオフィスに相談しました。
通院1日目 歯周病と宣告を受けレントゲン、雑菌の数々が示される。これはいけません。
翌朝の歯みがきで驚きました。歯ぐきからの出血がありません。感動です。心なしかはぐきがピンク色になっているのではなかろうか。また、再生した歯ぐきを見まして私はまだ若いと思いました。(以下略)57歳 主婦

歯科医師から一言

痛みもなく、早く膿が止まるすばらしい治療方法なのですが、
これだけで治るわけではありません。 治療の基本は歯みがきと歯石取りです。
一生懸命、歯みがきと歯石取りをやっているのに膿が止まらないと言う人に効果があります。

そして、歯茎は固く引き締まりますが、失われた骨ができるわけではありません。また、歯茎が引き締まるので歯と歯の間の隙間は大きくなります。それはけっして悪いことではありません。化膿して腫れ上がっていた歯茎が本来の姿になっただけなのです。

失われた骨ができるわけではないので、どうしてもぐらつきが止まらなさそうな歯は早く抜くべきだと思います。
残していると隣の歯の支えている骨まで溶かしてしまうからです。
残すだけが歯周病の治療ではありません。
具体的には次のような歯は抜くべきだと思います。

1.歯を支える骨の量が本来の量の1/3以下になった場合。
2.歯を上から押さえると沈み込むような場合。
3.歯が倒れかけのコマの様にふらふらする場合。
4.歯の股の部分(根分岐部)に骨がない場合。
5.極度に大きな虫歯がある場合。
6.極度に位置が動いて変わってしまった場合。

以上の場合、抜歯しないと治療が進まない場合もあります。
歯がグラグラしていると言うのは残念ながら大抵、末期の状態です。
「歯はグラグラしないが、歯みがきすると血が出る」と言う状態の頃に治療をはじめるのがベストです。

歯を何とか残して欲しいという気持ちはよく分かります。
しかし、残すと健康な歯まで悪くする可能性や、いつまでたっても被せ物や入れ歯、インプラントができず、「咬む」という機能回復ができなくなってしまうと言う可能性もあるのです。

テレビでは抜くことを勧める歯医者は悪い歯医者のように言っているようですが、物事には限度があると言うことを御理解下さい。