新型コロナウィルス対策について

動かない・ガタつかない・よく咬める総入れ歯(総義歯)②

投稿日:2016年10月28日

カテゴリ:03.入れ歯の症例

あごの型どり

入れ歯型どりをして模型を作ります。
健康保険の入れ歯は、この模型で作っていきます。

土手の形は型どりされていますが、舌や頬の筋肉の動きは型どりされていません。よって健康保険の入れ歯は歯ぐきの土手の上に乗っているだけとなります。
歯ぐきの土手の高い方は、土手に入れ歯が引っかかってくれますが、骨が吸収して土手がなくなった方は、入れ歯がすべって動いてしまいます。

入れ歯健康保険には素材と技術に制限があります。その制限の中で歯科医師は工夫と努力しているのです。
残念ながら舌や頬の筋肉の動きを型どりする技術は保険外なのです。

舌や方の筋肉の動きを型どりする

最初の模型で土手の形はわかりました。
次にこの器具を用いて舌や頬の筋肉の動きを型どりします。

かみあわせを診る 1

歯とあごの関節の位置関係、歯列と頭蓋骨の位置関係を記録するための装置です。
この位置関係を記録することによって、かみあわせを考えた入れ歯を作ることができるようになります。

かみあわせを診る 2

入れ歯歯とあごの関節の位置関係、歯列と頭蓋骨の位置関係、あごの動きを再現する器械です。
この器械に模型を装着して、総入れ歯をつくっていきます。

舌や頬・唇の筋肉の動き、かみあわせを考えた総入れ歯

入れ歯石膏で頬や唇の形をつくります。
入れ歯は口の中で頬や唇にこの様につつまれ、押さえ込まれます。

入れ歯

舌や頬・唇の筋肉の動き、かみあわせを考えた総入れ歯

入れ歯下、頬、唇に包み込まれているため、入れ歯のピンク色の部分は見えません。

費用は上下で\600,000+税(\300,000×2+税)でした。
金属で作るともう少し費用がかかります。
しかし、金属に費用がかかるのではなく、舌や頬・唇の筋肉の動き、かみあわせを入れ歯の形にとり入れるという技術に費用がかかる
とお考え下さい。

入れ歯

 

歯科医師から一言

この症例は、完成まで5回、調整は3回でした。4回目の調整の時、調整は必要ないということで、上のような感想文を書いて頂きました。
すばらしい総入れ歯ではありますが、やはり、使いこなす練習も必要かと思います。
入れ歯は所詮、道具であると思います。
自分にあったゴルフクラブというものはありますが、スィートスポットに当てるには、やはり練習が必要であるとのと同じだと思うのです。

治療費 上下の入れ歯:30万円(税抜)
リスク・注意点 ・入れ歯は経年による劣化、日々の使用によって摩耗していきます。
・日々のお手入れ、定期的な咬み合せの調整が必要となります。