小学生から歯並びを治していく

投稿日:2018年2月11日

カテゴリ:咬み合せの症例 歯を抜かない症例 矯正治療

小学生の女の子です。ガタガタの歯並びを気にして来院されました。

大人になってからも矯正治療はできますが、顎の関節はその頃にはかなり悪くなってしまい、歯並びは治っても顎の機能は改善しないこともあります。

また、顎の大きさも出来上がっているので、何本か歯を抜いて並べなければなりません。

小学生から治療すれば、歯を抜かずに矯正できる可能性が高まります。

乳歯が残った状態から始めた方が歯を抜くリスクを減らし、かつ、治療費も安くなることを説明し、治療を開始しました。

術前です。



ガタガタの歯並びの場合、スペースが足りないのはもちろんですが、かみ合わせの高さが足りないことも多いです。

そこで高さを作るために被せ物を入れました。

この被せ物をオーバーレイと言います。

オーバーレイでかみ合わせの高さを作ったのち、ワイヤーで歯並びを整えていきました。

かなり歯並びが整ってきました。

全ての歯が永久歯(大人の歯)に置き換わってかみ合わせができた時点で治療終了です。

小学校6年から中学1年くらいです。

費用は30万円+5000円×月数+税 です。