新型コロナウィルス対策について

「着けているのを忘れる」と言って頂けた下あごの入れ歯:ミラクルデンチャー

投稿日:2018年3月5日

カテゴリ:01.ミラクルデンチャーの症例 09.咬み合せの症例

前回、レジリエンツ・テレスコープ・デンチャーを上顎に装着された方の続きです。

初診時です。


虫歯でボロボロの歯はさずがに残せません。
また、左下(向かって右)の奥歯部分の粘膜はインプラントには適しておらず、医療センターで切除していただきました。

 

 

義歯装着の図です。


下あごの歯は割としっかりしていて、今後なくなる雰囲気はありませんでした。
そこで、歯を被せ物にせず、義歯だけを作りました。
この義歯はしっかりとはまって、かつ、バネが見えません。ミラクルデンチャーと言います。

残っている歯がかなりしっかりしているならば、このミラクルデンチャーはおすすめできると思います。当医院では ¥35万+税 で行なっております。

「着けているのを忘れる」とおっしゃって頂けたのは、非常に嬉しいことでした。

年齢 50代男性
治療費 35万円(税抜)
リスク・注意点 ・入れ歯は経年による劣化、日々の使用によって摩耗していきます。
・日々のお手入れ、定期的な咬み合せの調整が必要となります。