小児歯科

歯医者さんを好きになってもらうことが大切だと考えます

小児歯科

虫歯や歯が痛くなった時は、悪い部分を治療して詰め物を入れたり、被せたりして補修を行います。このような虫歯治療は、大人や子どもあまり変わりません。しかし小児歯科治療は、実際に治療する前に気を付けることがあります。それは、子どもたち全員に歯医者さんを気に入ってもらうことです。そのため当院では次の点に注意しています。

  • ①治療は歯医者さんに慣れてから

    小児歯科初めて歯医者さんにお子さんが訪れた時、痛みがひどい時以外治療をすぐにしません。お子さんにとって、歯医者さんというのはとても怖いイメージがあります。そのためすぐに歯の治療をすると、歯医者さんを嫌いになります。ですので、最初は色々な話をしたり、器具に触ってもらったりして、お子さんの緊張を解いていきます。

  • ②子供にもちゃんと治療説明をする

    小児歯科お子さんが実際に受ける歯の治療を、できるだけ分かりやすく説明していきます。虫歯をそのまま放置しておくとどうなるのか、さらにどのような治療の仕方があるのかを説明します。これらは子どもさんには理解が難しいかもしれませんが、可能な限り丁寧に説明すれば、小さなお子さんでもきちんと理解してくれることでしょう。

  • ③保護者同席で治療を行います

    親子同席お子さんの治療には保護者の方も一緒に同席してもらいます。保護者の方にも、お子さんが適切な治療を行っていることを見てもらい、治療の知識などを理解してもらいたいからです。歯医者さんの手が届かない日常生活でお子さんの歯を守ってあげられるのは、保護者の方だけなのです。また、親御さんの虫歯菌が子供へ感染することもありますので、家族全員で歯の健康を心がけることが大切です。

  • ④小学生の小児矯正を推奨します

    咬合誘導(アゴの誘導)大人の虫歯や歯周病、入れ歯やインプラントの治療は治すではなく、直すにすぎません。病気で悪くなった所をましな状態にするといった治療です。しかし、小児の矯正治療(早期治療)は違います。これこそ、よりよい未来に向けて治すという治療です。小学校1~2年のお子様、お孫さんがいらっしゃる方は、ぜひ歯並びに注意をなさってください。
    小児矯正について詳しくはこちらから

 

子どもの歯を保護するため当院が実施している3つの方法

小児歯科

お子さんの歯を自宅で保護するとともに、歯科医院における予防処置も重要です。ここでは3つの方法を紹介します。

  • 歯みがき訓練(TBI)

    歯磨き指導いきなり歯みがきが完璧にできる子どもはいませんし、子どもの歯質は大変弱いため、磨き残しによる虫歯羅患が多いです。そのためTBIという歯磨き指導を保護者と子どもに行い、ホームケアの質の向上を行います。

  • シーラントによる虫歯予防

    シーラント子どもの歯質は弱いため、汚れが付着すると虫歯になる可能性が高くなります。虫歯を防止するために、虫歯菌が溜まりやすい歯の溝を埋めるシーラント法がおすすめです。シーラントで溝を埋めることで、虫歯を予防します。

  • フッ素による歯質強化

    フッ素塗布歯磨き粉に含まれているフッ素(フッ化水素酸)は、弱い歯質を強化できるので、虫歯予防の効果があります。歯科医院の治療では、歯磨き粉のフッ素よりもさらに高濃度のフッ素を歯に直接塗ります。

浜松市で小児歯科をお探しの方は当院へご相談ください

浜松市で小児歯科

オペラデンタルオフィスの小児歯科は、虫歯を治療も行なっておりますが、特に虫歯予防と小児矯正(顎の骨の適性成長)に重点を置いています。また、できるかぎり痛くない、歯を削らない、抜かない治療を軸とし、診療を行なっておりますので、浜松市で小児歯科をお探しの方は、ぜひ一度ご相談ください。