インプラント

オペラデンタルオフィスのインプラント治療の特長

インプラント

オペラデンタルオフィスでは、インターネット上の口コミ、またご紹介などにより、浜松市全域からインプラントの相談に来る患者さんが増えてきました。当院で実施している、インプラントを安心・安全に行うためのポイントを紹介します。

①咬み合せを専門としたドクターによるインプラント治療

咬み合せを専門医当院でインプラント治療を担当しているのは、補綴専門医である院長です。補綴(ほてつ)とは、見た目やかみ合わせを、被せ物や入れ歯など人工の歯で補う治療法のことをいいます。

つまり、補綴専門医というのは、咬み合せ治療のスペシャリストと言っても過言ではありません。

インプラントは咬み合せの調整に失敗すると、大きな負荷がかかり、インプラント体の脱落や歯ぐきの化膿のリスクが大幅に増しますので、インプラント治療における咬み合せの調整は非常に重要な要素となります。

そもそもインプラント治療を望むということは「歯を失っている」か「入れ歯がガタついて痛い」のどちらか、もしくは両方であると思います。歯を失うのも入れ歯がガタつくのも、かみ合わせが悪く、全体の歯にバランスよく力がかからないことに原因があることが多いのです。特定の場所に力がかかるので、その場所の歯がダメになり、その場所に入れ歯を入れても、入れ歯が痛くてしょうがないということになるのです。ですから、当院ではインプラント治療の前に安定した入れ歯を作り、不当な力がかからないことを確認してからインプラント治療を行います。

③インプラントの周りに硬い歯ぐきを作る

歯肉形成

歯茎には2種類あります。それは硬い歯茎(角化歯肉)と軟らかい歯茎(歯槽粘膜)です。「歯茎が膿みやすい方」や「歯茎が昔よりだいぶ下がったという方」は硬い歯茎が生まれつき少ない可能性があります。

このままインプラントを行った場合、インプラントの周りが化膿する可能性が高くなってしまうのです。よって、インプラント治療(1次手術)の後に2次手術として硬い歯茎を作っています。手術回数2回となる欠点はありますが、その後のもち(予知性)は高まると思います。

③インプラント治療のリスク、他選択肢もちゃんと説明します

インプラント無料相談・カウンセリング

最近のインプラント治療広告の中には、メリットばかり並べたものも少なくありません。しかしインプラント治療は外科手術ですので、当然リスクもあります。手術が仮に成功したとしても、その後のケア状態によっては、感染症といったトラブルに見舞われることもあります。

そのためインプラントを可能な限り長持ちさせるために、インプラント治療のリスクなどをきちんと理解する必要がありますし、そもそもインプラント治療以外の選択肢はないのか、しっかりご説明します。

インプラント治療の流れと治療期間

「インプラント治療は完成までになぜ4ヶ月もかかるのですか」というご質問への回答にもなっています。

術前:歯を削らないで、歯を作ることはできないでしょうか。

インプラント60代の女性の方です。
10年以上前から歯の治療をしようかどうか、
決めかねていたそうです。

ごく一般的な治療ですと無い歯の前後の歯を削って人工歯でつなげるブリッジという方法となります。

優れた方法ではあるのですが、悪くなっていない歯を削らなければいけないという欠点があり、治療を決めかねていたのはそのことに強い抵抗感があったからだそうです。

残せそうにない、真っ黒になった歯を抜歯し、どこにインプラントを打ち込めば好いか石膏模型上でシミュレートしました。

インプラント

術直後

インプラントインプラントという金属の心棒を骨に打ち込み糸で固定した所です。
レントゲンで、歯とは形が違う棒状のものが顎の骨に入っているのがお分かりいただけるでしょうか。

この金属の心棒(インプラント)を顎の骨が包み込むのに3ヶ月から半年、もしくはそれ以上かかるのです。

以前「毎日来院しますから1週間でインプラントをしていただけないでしょうか。」と質問を受けたことがあります。
その時にはこの様に答えました。

「骨折なさった方が
『毎日来院しますから1週間で骨をつなげて欲しい』
とおっしゃっても無理ですよね。
それと同じで手術は1日でできますが、骨が安定するのにある程度の期間が必要なのですよ」と。

3ヵ月後

インプラント手術3ヶ月後の状態です。
歯ぐきから金属の棒が直接生えています。

完成

インプラント金属の棒に被せ物を装着した所です。

しかし、本付けではありません。仮付けの状態です。
インプラントは体にとっては、やはり異物なので3ヶ月から半年に1回は被せ物をはずして中を掃除しなくてはなりません。
はずれない様に本付けしてしまうと掃除ができなくなり、トラブルが起きたときの対応ができなくなってしまうからです。

インプラント費用は¥617,000(税別)でした。
内訳は以下の通りです。

サージカルガイド:¥10,000
CT撮影:¥7,000
画像分析:¥20,000
一次手術:@¥180,000×2本=¥360,000
二次手術:@¥30,000×2本=¥60,000
ハイブリッドセラミックスと金:
@¥80,000×2本=¥160,000
総計:¥617,000

インプラント治療のメリットとデメリット

どんな治療方法にせよ、利点と欠点は必ずあります。

インプラントは入れ歯のように「出し入れしなくてもいい」というのは事実です。

しかし「出し入れをしない」ということは、それだけ汚れやすく、しかも生体に異物が刺さっている状態なので化膿しやすいということも考えられるのです。

「インプラントをしたから、手入れが楽だ」というのは誤りで、インプラントをしたからこそ自前の歯以上に一生懸命歯みがきして頂かなければならないのです。

そのため手入れと患者様の健康状態を考慮し、インプラントではなくテレスコープ義歯(症例 参考1 参考2)をお勧めすることもありますので、御理解の程よろしくお願いいたします。

オペラデンタルオフィスが行なったインプラント治療の症例

当院が実際に行なったインプラント治療の症例をご紹介しますので、クリックしてご覧ください。今後も追加掲載して参ります。

浜松市でインプラント治療をご希望の方は、ぜひご相談ください

インプラント無料相談

オペラデンタルオフィスでは、咬み合せ専門ドクターによるインプラント治療を受診できます。インプラント治療において咬み合せは命とも言える重要なファクターですので、浜松市でインプラント治療をお考えの方はぜひご相談ください。

1日1組限定 咬み合せ専門ドクターによる無料インプラント相談

無料咬み合せ相談オペラデンタルオフィスでは1日1組様限定で咬み合せのスペシャリストによる無料相談を承っております。大変混み合っておりますので、ご予約はお早めにお願いします。

※画像クリックで予約フォームへリンクします。