小学生からの受け口治療

投稿日:2017年12月5日

カテゴリ:咬み合せの症例 歯を抜かない症例 矯正治療

小学3年生の男子です。受け口が気になるということで来院されました。

受け口は遺伝的要素も強く、有名なものに ハプスブルク家の受け口 というものがあります。

そのため、予防的に治療を始めた方が良いと判断しました。


噛み合わせを高くした上で、歯並びを整えていきます。


下顎が大きいため、多少の隙間が上あごの歯並びににあります。

大人になってからも矯正治療はできます。
しかし、顎の関節はその頃にはかなり悪くなってしまい、歯並びは治っても顎の機能は改善しないこともあります。
また、顎の大きさも出来上がっているので、何本か歯を抜いて並べなければなりません。小学生から治療すれば、歯を抜かずに矯正できる可能性が高まります。

私としては 悪いものを治す治療 ではなく、 より良い状態に育てていく予防的な治療 の方が健康に良いと考えます。