80代女性へのバネの見えない審美的な入れ歯(ミラクルデンチャー)

投稿日:2018年12月1日

カテゴリ:01.ミラクルデンチャー

80代中盤の女性の方です。
かなり元気な方ですが、やはり外科処置を伴うインプラントは当方としてもお勧めできませんでした。

また、万が一介護となった時、はたしてインプラントのメンテナンスができるであろうか、というのが心配でした。

介護となった時、自分の歯の場合は抜歯することができます。

しかし、インプラントはなまじ部分的にしっかり骨と結合してしまい、抜くのにかなり大きな外科的な衝撃(外科的侵襲といいます)を与えることがあります。

とはいえ、バネが見えないように、安定してしっかり噛めて、治療は短期間で行わなければならないという状況にあったため、 ¥35万+税 ではありますが、ミラクルデンチャーを行いました。

術前です。

術後です。

自前の歯にかかるバネも目立たず、安定してしっかり噛めて、なおかつ治療期間は 3回約2週間 で終わりました。4回目に調整にいらしたのですが、ほとんど全く調整せずにすみました。

入れ歯が合わないとおっしゃって来院される方は大勢います。
そのほとんどの方は入れ歯が悪いのではなく、自前の歯に原因があり、入れ歯が入らないような歯並びや歯の形をしております。

今回の場合入れ歯がうまくいったのは、元々の歯にそれほど大きな歯並びの問題がなかったからかもしれません。