新型コロナウィルス対策について

総入れ歯の症例

投稿日:2020年5月3日

カテゴリ:03.入れ歯の症例 09.咬み合せの症例

80代女性の方です。

総入れ歯がかなり古くなり、噛み合わせも歯ぐきへの合い(適合性)も悪くなったので作り直したいとの事でした。

保険である程度使える義歯を作り、その上で自費の義歯を作ることにしました。

上下の入歯の型取りを1回で行うことにより、歯ぐきの形だけでなく口の中の筋肉の状態まで型取りしました。

「今まで何回も作り東京でも作ったことがあるけれども、今回が一番調子が良い」とおっしゃっていただけました。

この自費の義歯は保険の義歯とは違い、壊れにくく、天井が薄く、臭いが付きにくいという利点があります。

総入れ歯は本当に難しいです。というのもほとんどが高齢者であり、どんなに考えながら作っても、もはや新しい物事を受け入れることができないくらい体の調子が悪くなっている方もいらしゃるからです。

今回は80代の方に喜んで頂けましたが、いつでも満足させる入歯が作れるかと言われるとそこまでの自信は残念ながら無い事を付記しておきます。

期間 保険義歯2ヶ月 自費義歯1ヶ月
金額

保険義歯3割負担で約15,000円

自費義歯30万円×上下2+税=66万円

リスク 患者さんの体調、筋力、顎の骨の状況によっては患者さんの求める結果が出せないことも有ります。