新型コロナウィルス対策について

入れ歯は咬み合わせの分析が大切です その1分析編 ミラクルデンチャー

投稿日:2022年5月22日

カテゴリ:01.ミラクルデンチャーの症例 03.入れ歯の症例 09.咬み合せの症例

70代女性、入れ歯の前歯が取れたので、新たに入れ歯を作ってほしいという事で来院されました。

当医院歯科医師は補綴専門医(ほてつせんもんい:入れ歯・被せ物・咬み合わせの専門医)であるため、入れ歯関係の方が浜松以外からもいらっしゃいます。

しかし、入れ歯が合わないのは入れ歯が悪いのではなく、入れ歯が入らない歯の形や歯並びをしているのが原因です。

初診時の状態です。

 

これを分析します。

咬合器という器械に模型を装着して、分析を行います。

単に石膏模型を器械につけているのではありません。患者さんの耳や鼻の位置を計測し、顎の関節と機器の蝶番部がほぼ一致する様に装着しています。

だいぶ歯並びが傾いているのがわかります。

左右差がひどくあるのがわかります。

下の金属の板に平行であればあるほど顎の力を多くの歯で受け止めることができます。

症例の歯並びは前歯が上がって奥歯が下がっています。

この様な場合、咬むと下顎の前歯が上あごの前歯を突き上げることになる為、上の前歯がダメになりやすいです。また、下の奥歯は力がかかりすぎて早期にダメになります。

この分析結果をもとに、患者さんと治療の相談を行いました。

この様な相談は昼休みや、医院の診療時間外に行っています。診療時間は診療を行い、一人でも多くの患者さんの治療をしなければならないからです。

分析も診療時間外に行います。そしてその説明も診療時間外に行っています。
にも関わらずグーグルの口コミに「院長先生の治療は自分勝手で、こちらの話を聞いてくれる感じはありません。」などと書き込まれるのは非常に残念でなりません。病院はカルテを作るのに保険証が必要であることから、だいたい誰が書き込んだかわかります。1回しか来たことが無い人に限ってこのような低評価をつけて評判を落とそうとするのを非常に残念に思っております。

続く