奥歯を良くする事で前歯と顔貌が良くなった症例

投稿日:2016年10月28日

カテゴリ:咬み合せの症例

術前

咬み合せ治療前歯がぐらぐらするということで来院されました。気になる前歯だけ治したのでは原因の解決にはなりません。また同じことが繰り返されるだけです。

咬み合せ治療原因は奥歯にあります。
奥歯の歯並びが上下的著しく乱れ、なおかつ、かみこみが深いために上の前歯が下の前歯に突き上げられてしまうのです。

本来前歯はカチカチかんでも紙1枚くらい隙間があって、あたりません。かみこむ力には非常に弱い形態となっています。逆に奥歯はかみこむ力には強いのですが、ギリギリ歯ぎしりしたときの横からの力には弱い形態をもっています。

上下的に歯並びが乱れていると前歯にはかみこむ力、奥歯には横からの力が加わって、次々と歯がグラグラしていくのです。

咬み合せ治療自動車にたとえてみます。

同じ自動車で走行しても、舗装していない道路ではガタガタ揺れて、タイヤやサスペンション、車軸等々に非常に負担がかかります。舗装した道路なら、自動車は滑らかに走行します。道路が歯並び、車体が歯や顎関節です。

前歯を治療するのが希望ではありますが、この場合奥歯に舗装工事をしないとどうしても治せませんでした。

術前後の比較(1)

術前・術後の写真です。
前歯のかみこみが浅くなっているのがお分かり頂けるでしょうか。

  • 咬み合せ治療術前

  • 咬み合せ治療術後

術前後の比較(2)

術前・術後の左側方向の写真です。
術後は鏡像ですので左右が逆になっています。
術前の歯列模型とお比べ下さい。波打った歯並びが改善されているのがお分かり頂けるでしょうか。

  • 咬み合せ治療術前

  • 咬み合せ治療術後

術前後の比較(3)

術前・術後の歯列模型です。
出っ歯の前歯の傾きが垂直に近づいているのがご覧頂けるでしょうか。

  • 咬み合せ治療術前

  • 咬み合せ治療術後

術前後の口元

術前・術後の口元です。口の端が上がり、あごのエラのはりが小さくなったのがお分かり頂けるでしょうか。
歯の左右前後のバランス、高さを考えながら治療をすると顔や姿勢のバランスも良くなることは多々あります。
オペラデンタルオフィスは1本の歯を丁寧に診るだけでなく、すべての歯のバランスを考えながら治療を行っています。

この症例の治療期間は4ヶ月ほどでした。(1週間に3~4回いらしたこともありましたので、40回弱でした。)一部保険適用外(自由診療)でした。

  • 咬み合せ治療術前

  • 咬み合せ治療術後