60代男性の下あごの歯2本分の小さな入れ歯

投稿日:2018年12月15日

カテゴリ:01.ミラクルデンチャー

60代中盤の男性です。

奥歯2本分の入れ歯を希望されました。

右奥歯が2本ありません。2本程度の欠損の場合、私はインプラントを勧めています。

また、この症例では一番奥の歯と奥から2番目の歯が無いのですが、あくまで私の考えですが、一番奥の歯にはインプラントを入れなくても十分噛めると思います。
そうすれば費用を30万円強削減できますし、また、解剖学的に問題のある場所をさわらなくても済むため、患者さん・歯科医にとってwin-winの結果になると思うからです。

義歯を作るとなると、可能ならば左の歯にも維持安定を求めければならなくなります。するとたった2本の歯の為にかなり大きな入れ歯となってしまいます。

患者さんの条件は
・種々の問題で義歯にしてほしい事
・左側に伸ばさず右側だけで処理してほしい事
でした。

義歯を入れたところです。

少し硬いという事で2回ほど調整しました。

自前の歯にかかるバネも目立たず、安定してしっかり噛めて、なおかつ治療期間は 3回約2週間 で終わりました。金額は35万円+税です。 4・5回目に調整しました。

入れ歯が合わないとおっしゃって来院される方は大勢います。
そのほとんどの方は入れ歯が悪いのではなく、自前の歯に原因があり、入れ歯が入らないような歯並びや歯の形をしております。

今回の場合入れ歯がうまくいったのは、元々の歯にそれほど大きな歯並びの問題がなかったからかもしれません。

 個人的にはやはり奥歯が2本ない症例は1本だけインプラントにするのが一番良いと思います。