新型コロナウィルス対策について

目立たない歯科矯正治療 インビザライン

投稿日:2022年6月12日

カテゴリ:05.矯正(大人)の症例 06.矯正(インビザライン)

20代女性 歯並びを気にされて来院されました。

上の前歯が下の歯を覆っていません。 この状態の歯並びを 開咬 と言います。
カチカチ噛んでもギチギチ歯ぎしりしても奥歯しか当たらないため、奥歯が割れたり揺れた入りして抜歯せざるを得なくなる、非常に厄介な歯並びです。

虫歯や歯周病は歯を失う原因として一般の方にも認知されていますが、歯並びの悪さが歯を失う原因という事はまだ広まっていないようです。

目立たない矯正という事でマウスピース矯正・インビザラインを行いました。

この様なマウスピースを用いて歯を動かします。写真なのでマウスピースがわかりますが、一般生活ではまず分かりません。

この症例早く終わり、3か月で終了しました。

審美のみを目的とした場合、それは美容外科と同等の扱いとなるので医療費控除はききません。

しかし、当医院が行っている様に、かみ合わせを通して歯の喪失の予防をを目的とした場合は、医療費控除が適応される可能性が高まります。

年齢 性別 20代 女性
治療費用

本症例は前歯だけでしたので

精密診断¥18,700+インビザラインigo¥330,000+調整料¥3,300×3回+保定装置¥55,000=¥413600(10%税込)でした。

もし、臼歯も動かさなければならない場合は
精密診断¥18,700+インビザライン¥770,000+調整料¥3,300×24回(2年と仮定)+保定装置¥55,000=¥922,900(10%税込)

 

治療期間 この症例では3ヶ月でした
リスク 1日22時間は必ず装置をつけてもらうことになります。
自己判断や面倒臭さで装置をつけていない場合、治療結果が遅くなるか、または意図しない、より悪い状態になることがあります。